シャワーの水漏れ関連情報

HOMEヘッド交換時の水漏れ対応

最終更新日:2017/11/20

ヘッド交換時の水漏れ対応

バスルーム

シャワーヘッドから水漏れをしている場合、原因がどこにあるのかにもよりますが、全体的に劣化していることが原因であれば、シャワーヘッドそのものを交換する必要が出てきます。
ここで注意して欲しいのは、水が出ないようにきっちり水栓が締まっているのか確認することです。
ここをきっちり止めておかないと、水が勢いよく噴き出す危険性があります。
もし、それでも止まらないという時は、止水栓を探してみましょう。
止水栓が何だかわからないという人は、蛇口付近にあるボルトを探してみてください。
それが止水栓です。
ここを止めることで浴室の蛇口の水を止めることができます。
ただ止水栓はドライバーなどがないと締まらないので、その点だけは注意してください。また、止水栓と似たようなものに元栓というものがあります。
ここを締めることでも水は出なくなるのですが、元栓は台所など、他の場所の水も止まってしまうので、シャワーの水漏れで元栓を締めることはおすすめしません。
水が出ないことを確認できたら、いよいよシャワーヘッドの交換に移るのですがここで注意が必要です。
自宅のシャワーに合うのかを必ず確認してから購入するようにしてください。
確認しないで購入してしまうと、せっかく購入したのに確認を怠ったために取り付けに失敗するということもありえます。
それもそのはず、各メーカーがシャワーヘッドを製造しており、自宅のシャワーと規格が合わないというのは当然です。
直接メーカーに修理を依頼すれば簡単なのでしょうが、保証期間が過ぎていると有料になってしまいます。
ヘッドの交換ともなると費用もかかることになるでしょう。
ヘッドの水漏れくらいであまり出費したくないな、と考えられているなら、水回りの専門業者に相談してみましょう。
これは業者にもよりますが、大手メーカーの部品の在庫を揃えている業者もあります。
専門業者なら旧式のヘッドにも対応できる可能性がありますのでおすすめです。
「でも業者に頼んだら結局お金かかるでしょ?」と思われるでしょうが、良心的な業者なら水漏れレベルのトラブルなら1,000円代から請け負ってくれるところもあります。
また、相談や見積もりを取るだけなら無料です。
業者の中には、作業でトラブルになった場合は、クーリングオフを利用できるところもあります。
その分の代金も返ってくるので、とても相談しやすいのが今の水回り修理業界です。
もしヘッド交換で困っているなら、思い切ってプロに相談してみましょう。

一覧はこちら

シャワーの水漏れランキング

TOP